Home > PC > Software Archive

Software Archive

iTunesに怒られたw

メールや地図、天気などの便利な機能が追加される1月のソフトウェアアップデート。

まあ、便利は便利だけど、Jailbreakしてる俺にとっては金を払うまでは無いものだ。(パッチインストールするだけでそれらの機能が使える)

で、インストールしないで毎回出てくるソフトウェアアップデートの知らせを「いらない」をクリックしてことごとく蹴ってきたわけだが、何回「いらない」をクリックしても毎回毎回しつこく聞いてくる。

いい加減学習しろ(-_-#

とか思ってたら、今度は何クリックしてもソフトウェアアップデートの画面から抜け出せなくなってしまったwww

Continue reading

MTバージョンアップ&テンプレート更新

いつのまにやら前使ってたMTのテンプレート(vicuna)がMT4に対応したらしく、新しいテンプレートが出てたので更新してみた。テンプレート更新の際に必要だったのでついでにMT4.0→MT4.01にバージョンアップもした。

Continue reading

Gnuplotを用いたグラフ描画

最近宿題多すぎ。。。特に情報工学基礎実験が・・・OTZ

気まぐれでLaTeXで書き始めてしまったものだからもう大変。グラフ何かはどうしようと思ってたらGnuplot(グニュープロット)という便利なソフトがあるっぽいのでインストールして使ってみた。

Continue reading

音楽整理しないと。。でもその前に宿題を(ry

今日、foobar2000というミュージックプレーヤーを本格導入した。

動作はとっても軽いし、カスタマイズ次第ではiTunes並の操作感が得られる。一押しのプレーヤー。

Continue reading

ニコニコ快適設定(Sleipnir用)

  • Posted by: Freiheit
  • 2007年8月25日 10:13
  • PC | Software

nicosearch

とても使いやすいタブ形ブラウザ『Sleipnir』を使っている人なら使っているであろう右上の検索窓。

ここにニコニコ動画の検索機能もつけてしまおうというのが今回のテーマ。

ま、とても簡単な設定なわけだけど。。。

Sleipnirを使っててニコニコ見てる人はやってみると結構便利かも。

Continue reading

USB機器の取り外しを簡単に

  • Posted by: Freiheit
  • 2007年8月20日 11:38
  • PC | Software

Art012  USB接続の記憶デバイス(フラッシュメモリや外付けHDDなど)を持っている人なら一度は見たことがあろうこのダイアログ。エクスプローラの画面を閉じたり、めぼしい実行中プログラムを終了させてみたりはするけど、いつまでたってもこの画面が消えずに、最終的にはPCの電源を切るまで放っておく他なくなってしまうことは俺にとっては日常茶飯事だ。

 今回はこの煩わしいUSB機器の取り外しを簡易化するソフトを紹介する。

Continue reading

Song Requesterの導入&テンプレート作成

 音楽系のネットラジオを視聴していて、自動でリスナーからのリクエストを受け付けてプレイリストを構築するようなページを見つけ、興味をもって調べてみた。

調べたところいろいろなソフトウェア、プラグインが見つかったが、今回はWinampのプラグイン「Song Requester」を使うことにした。

インストールは簡単で、本家サイトから最新版のzipを落としてきて解凍したら出てくる.exeファイルを実行し、テンプレートのhtmlファイルをプラグインで指定するディレクトリに移動するだけ。(有志による日本語化パッチも配布されている)

詳しくはここのページを参考にするといい。

 

説明のページにも書いてある通り、初期のテンプレートははっきり言ってしょぼい。

というわけで自分で作ってみた。

コンセプトはシンプルに、使いやすく。

久しぶりに全部自分でタグ打って作ったけどそれほど苦じゃなかった。タグもほとんど覚えてたからリファレンス引くこともほとんどなかった。この程度なら何も見ずに作れるようになったかぁ・・結構レベルアップしたかな?w

完成品はこんな感じ

Sample

相変わらず好んで"メイリオ"を使ってるわけだが...曲目リストの中だけは自重してMSゴシックとかにしたほうが良かったかもしれん。デザインが大幅に崩れそう。

まあ、自己満足のためのものだからいいかw

Productsで公開するときにそこらへんの修正を入れればいいや。

 

ちなみにルーターのポート開放もやっておいたので、俺がPCつけていて、かつWinampを起動しているときに限り、下のアドレスからリクエストを送信することが出来る。

http://tokcs.com:8080/playlist.cgi

ただし、まだ配信してないから、リクエストしてもその音楽が流れるのは俺のスピーカーからのみという罠www

せっかく大量にMP3持ってるんだから、夏休み中に何回か流してみようかなぁ...PeerCastあたりで。

まあ、そんなことは全て今日の論理が無事に終わってからの話だな。

 

 

...というか、やばいテストの前日に睡眠時間削って俺は何をやってるんだろうwww

重症だww

Continue reading

久々に燃えるっ

ニコニコで、「TYPING MANIA」なるFlashのタイピングソフトを見つけて、今はまってる。

タイピングソフトといっても、音楽に合わせて歌詞を入力していく音ゲーっぽいもの。

ぶっちゃけ、むずい。

ここのところタイピングの練習もサボっていたのもあってレベル5のAAAがやっとの状態。

とりあえず今後の目標はレベル7のAA以上。つーか、タイプミスを極力なくしてそれこそ流れるように打てるようになりたい。

頑張ろう。。。

 

 

ちなみに、自分のパソコンにダウンロードしてきてやることも出来る。

あと、自分でXMLを編集することでオリジナルの問題を作ることも出来る。俺も暇だったら作ってみようかなぁ…

とりあえずレベル1ぐらいのをww


untitled 公式サイト。ダウンロードもここから。

カハマルカの瞳 Vista用修正

前のPCではスペック不足のため諦めていた画面チャプチャーをやってみようと思って「カハマルカの瞳」を落としてきて設定しようとしたはいいけど、音声の設定をしようとすると、「SNDVOL32.exeが見つからない」と出て設定が出来ない。

調べてみると、Vistaではサウンドコントロール(サウンドミキサー)の実行ファイル名が変わってしまったらしい。(sndvol32.exe→sndvol.exe)

まったく、ふざけているのかMSは

作者サイトでは、自分でサウンドミキサーを開いて設定すればよしと書いてあったが、ちょっと改造してみることにした。

で、適当にいじくったらできた(爆)正常に、ボタンをクリックしたらパネルが開くようになった。

結構簡単だったな。逆アセする必要もなく、ただ開いて該当部分を書き換えるだけ。

そのうちいろんなファイルを自分の目的どおりにいじれるようになりたいなぁ…

ひたすら修行あるのみだな。

 

参考までに今回行った改造を載せておく。

ojos.exe/

00071306: 33 → 2E
00071307: 32 → 65
00071308: 2E → 78
0007130A: 78 → 00
0007130B: 65 → 00
0007132A: 33 → 2E
0007132B: 32 → 65
0007132C: 2E → 78
0007132E: 78 → 00
0007132F: 65 → 00

最高の音質を求めて…

 せっかくいいスピーカーも来たことだし、現在のしょぼい環境(オンボード)で実現できるだけの高音質を目指してみた。

 

まずはサウンドドライバから。

サウンドドライバにはASIOを採用。ASIOはWindowsXPならば直接オーディオインターフェースへ出力でき、Windowsのミキサーを通さないため、生のデータがそのまま出力される。また、CPUへの負荷も減る。

一般にオーディオインターフェースと呼ばれているものは全てASIOに対応しているので、誰でも手軽に導入できる。ただし、ASIOドライバの出力に対応したプレイヤーでないと再生できない。俺が今回使ったWinampはプラグインを導入することで対応できる。

 

サウンドドライバの次はデコーダ。

標準搭載のMP3デコーダよりも音質がよく、カスタマイズ性の高いデコーダをチョイス。これもまた、Winampのプラグインとして導入する。

で、そのデコーダの設定でサウンドデバイスに渡すビット数を64bit(float)に設定。(浮動小数点数の64bitという意味。通常は整数の16bitだから相当上げてる)

 

…これで本体に光デジタルオーディオ出力がついてたら良かったんだが、まあ、今回の目標はあくまで現状で最高の音質だからそこは妥協。

 

で、いざ再生。

一番初めに驚いたのが、再生できたことww

なぜなら、前の自分のPC(PentiumM 1.5GHz;256MB RAM)では音がプツプツとんでとても聞けるものじゃなかったし、再生中常時CPUの使用率が100%になってほかの操作がままらなかったからだ。

こんなところでCore2Duoの威力を思い知った。

で、肝心の音質だが、、

良くなった……気がする…いや、そう思いたい!w

まあ、PCのスピーカーとか、イヤホンで聞くよりかは格段に音質は良くなっているわけで、、俺としてはもうその時点で結構満足してしまっている。…といいつつ自作PCにはOnkyoのサウンドボード積む気満々だがw

とりあえず、ASIOドライバはCPU負荷を軽減するという意味では有効だから、興味が沸いた人は下のリンクからドライバをダウンロードしてみて。

 

 

 

 

で、風邪のほうだが、今日の授業は微熱(37度ぐらい?)のまま受けた。

今現在も微熱が続いてる状態。のどが痛い。これは、、、はちみつ金柑のど飴の出番か!?w

とゆーわけで、こんなこと書くのはさっさとやめて寝るとする。

 


 ASIO4ALL(ASIOドライバ):http://www.asio4all.com/

Winamp用プラグイン諸々 :http://otachan.com/

Windows Live Writer 日本語版

  • Posted by: Freiheit
  • 2007年6月16日 16:51
  • PC | Software

この前紹介したWindows Live Writerだが、いつの間にやら日本語版が発表されていたw

Windows Live Writer Beta

早速インストール。設定をしなおさないといけないかと思っていたが、英語版の設定を引き継ぐことが出来たのでインストールだけで終了。

インストールは英語版を上書きする形でされるので、既にインストールしている人も普通にインストーラを実行するだけでよい。

で、実際の実行画面がこちら

writer2

 日本語表示になっただけでなく、旧バージョンではプラグインを入れなければ出来なかった表の挿入も標準で出来るようになっている。

うーむ、後これで追記とかもかけるようになってくれたら申し分ないんだけどな…

MovableType 4 日本語版 リリース

今日、Six Apart社からMovableType4が発表されました。

知ってのとおり、このブログはMovableTypeによって構築、運営されており、現在インストールされているバージョンは3.35です。

今回はメジャーバージョンアップということで、いろいろと新機能が搭載されるようです。

MovableType 4 日本語版の新機能

インターフェースの全面刷新

  • より使いやすくなったインストーラー
  • HTMLの知識がなくてもリッチな文章を作成できるWYSIWYGエディター
  • 画像などファイルのアップロードや管理が簡単に行えるファイルマネージャー
  • 入力中の記事の自動保存

CMSとして機能強化

  • ブログ記事以外のHTMLページの作成
  • 複数ブログをまとめたポータルページの構築
  • 画像やファイルを含む、完全バックアップ
  • ブログのクローン(コピー)機能

コミュニティ機能の搭載

  • ユーザー管理機能の強化
  • コメント投稿者へのアカウント発行も可能

 

個人ライセンスは引き続き無料みたいなので、配布開始を待って、導入しようと思います。

配布開始は7月18日。21日には導入完了する予定です。

Windows Live Writer (Beta) の導入

この前の記事で紹介した、ブログ投稿ソフト、Windows Live Writerの導入方法の説明をします。

スペースをとるので、追記に移動しました。見るときは、続きを読むをクリックしてください。

 

 次回は基本的な使い方とプラグインの導入について書くかもしれないです

Continue reading

Windows Live Writer (Beta)の紹介

MovableTypeを導入し、さらにそのエディタにTinyMCEforMTを採用して、投稿時にレイアウトが確認できたり、タグの入力無しにさまざまな機能を使えたりと、投稿しやすい環境が整いはしたが、画像を投稿したりするとき、面倒くさいという人、さらには、ログインすら面倒くさいという人もいるかもしれない。

まあ、そういった怠け者に限ってのことではないが、お勧めしたいソフトがある。

それが、Windows Live Writerである。

名前を見れば分かると思うが、このソフトはMicrosoft社の作ったもので、もちろんフリーソフトだ。

 

特徴

このソフトはWYSIWYG(ブログに表示される状態で記事の編集ができる) のエディタであるが、一番すばらしいのが、自動的にブログのスタイルシートを取得し、あたかも自分のブログを直接編集するかのように編集できることだ。

これがこのブログの編集画面だが、全くそっくりの外見だ。WebPreviewモードもついており、それにすると本当のブログと全く同じ表示になる。

 

まだBeta版であるため、表示が日本語でなかったり、機能が少なかったりするが、編集画面では日本語は問題なく入力できるし、機能がない部分はHTMLを直接編集できるので、そこで補えばよい。

 

対応blog

このソフトは元はWindows Live Blog用の投稿ソフトだが、MovableType APIにも対応しているため、ここのブログでも使用可能だ。

対応しているブログは次の通り

  • Windows Live Spaces
  • Wordpress.com
  • Typepad
  • LiveJournal
  • MovableType
  • WordPress (Custom Instllation)
  • RadioUserland
  • Community server
  • dasBlog
  • Custom (Metaweblog API)
  • Custom (MovableType API)
  • Blogger (Atom)

 

後日、導入方法の記事を書きます。

LightBoxによる画像表示の導入

Heaven%20480_black.jpg   かなり前にとあるサイトで目にして、何とか導入したいと思って長い間探していたプラグインが今日偶然見つかった。(≧▽≦)b"

それが「Lightbox JS」。画像をとってもCoolに表示してくれるJavaScriptPluginだ。

百聞は一見に如かず。左のサムネイル画像をクリックしてみよう。(JavaScriptをオフにしている人はただの拡大写真が表示されるだけだから注意)

20061112116331897075927000.jpg 何度見ても良いね!ww

ちょいと導入は面倒くさかったけど、どうにか成功した。

今度ギャラリー作ったときもこのプラグインを使おうー

 


Lightbox JS Homepage

More...

Home > PC > Software Archive

Search
Feeds

Page Top