Home > Media > Books Archive

Books Archive

とてつもない国

  • Posted by: Freiheit
  • 2007年9月18日 17:10
  • Books | Diary

免許が交付される間3時間ぐらい暇があったから暇つぶし用に今話題の麻生太郎議員が書いた本を買ってきて読んでた。

Continue reading

いろいろ

この前こんな本を買ったばっかりなのだが、前日の記事の延長で、プログラムの解析がやりたくなってきたので、その関係の本を探してみた。

あんまり本をためるのはよくないんだが…

思い立ったらすぐにしなければ気がすまない(好きなこと限定w)のが俺な訳で…

 

レビューとかを参考にしつついろいろ調べた結果、最終候補に残ったのはこの2冊。

    

値段は両方同じぐらいだから、後は中身。右の方はタイトルと表紙からして一見あれな感じがするが、作者のやねうらお氏のblogを引用すると、

 本というのは、企画案の段階で本のタイトルを決める。そのときの案では、美咲は魔法使いで、「マジカルオープン!」とか言ってソフトをどんどんクラックしてしまう本になる予定だったのだ。

 

  美咲「でたわね!邪神ドングラー!あなたはソフトウェアにプロテクトをかけ、罪もないバックアップ目的のコピーをもことごとく妨害し続けてきた!許せない。罪のないコピーを虐げるだなんて!あなたの悪事の数々、この倉塚美咲がしかと見届けたわよ!いでよ、逆アセンブラ!マジカルオ~プン!!」

 

 とまあ、こんな本になる予定だった。それが少し書いてみたところ、すごく書きにくいことに気づいた。2ページほど書いているうちに頭痛がしてきた。3ページほど書いているうちに吐き気がして、もう一行も書き進めなくなった。仕方ないので、本のタイトルはあとで変更しようと思って、適当に書き進めた。締め切りの日の前日なんか、1日で65ページも書いたりした。

 

  もう、魔法少女はやめて本のタイトルは「クラック読本」ぐらいにする予定だった。だって「解析少女美咲ちゃんマジカルオープン」って、何の本かすらわからんし。そんなわけで、書きあがった時に出版社の担当に相談したところ、

 

 「企画案の段階なら変更できたんですけどねぇ..」

 

  ガーーーン!Σ(゜Д゜) だって本文に魔法とか全然出てないじゃないですか?

 

「魔法のようにクラックできちゃうってことでいいんじゃないですか?」

 

  そんなこんなで、締め切りに間に合わなくて、書きかけのままお蔵入りさせていた 14章以降を、やねう企画のホームページ上で公開しちゃいますよ!(書き上げるまでしばらく待ってネ) そこでは美咲はついに魔法少女に..。

とまあ、こんな感じみたいで、実際レビューを見てると中身はしっかりしてるとのこと。

実際に手にとって中身を見比べて見たいがなぜか飯塚は本屋がない(爆)

いや、あるにはあるが、足がチャリしかない俺にとって生きづらい場所であることは確かだ。ていうか、あったとしても小さいし。

両方買っても金の無駄だし、、、どうしよう。

ここは…右か!?w

まあ、作者のblogを読んでみていろいろ好感が持てたというのが一番の理由。

この作者、やねうらお氏はMicrosoft MVP (Visual Developer - Visual C#)に選ばれているそうだ。うーむ。俺も将来はMVP取れるぐらいプログラミングを極めたいものだ…

まあ、まずはもう買った本をしっかり理解して、その後に買うとしよう。

 

Continue reading

More...

Home > Media > Books Archive

Search
Feeds

Page Top