Home > Diary > コンタクトを使ってる人は気をつけよう

コンタクトを使ってる人は気をつけよう

  • Posted by: Freiheit
  • 2007年9月25日 15:50
  • Diary

今日、コンタクトが切れそうになってたから眼科に行って新しいコンタクトを買ってきた。

初診だということであれこれ検査されて、あとなんかアレルギーも発見されて、一気に1万ほど使ってしまった。。

 

まあ、それはおいておいて、いろいろ検査された中に、「角膜の内皮細胞数」というものもあった。今まで受診してきた眼科ではこの検査はしたことがないので、それが示す意味も全く分かっていなかった。

で、いろいろ話を聞いてみたら結果によってはかなり深刻なものみたいだった。

というのも、傷つきやすい角膜の外側の部分は細胞分裂して傷を修復する機能を持っているらしいが、内皮細胞はその機能を持っておらず、破壊されたら二度とは戻らない細胞らしい。

で、その内皮細胞が破壊される要因となっているのがコンタクトレンズの装用らしいのだ。

角膜には血管がないため、普段は空気中から直接酸素を取り込んで呼吸をしているが、コンタクトを装用している間は角膜が外気に触れないため、酸欠状態になってしまう。といっても最近のコンタクトは酸素を透過するものがほとんどみたいだが・・

そういうわけで、コンタクト装用中は角膜全体にダメージを与えていることになる。とくにコンタクトをつけたまま寝てしまった場合のダメージは大きいらしい。

で、今までコンタクトの説明書とか親の忠告も聞かずにコンタクトを長時間装用したり、装用したまま爆睡していた俺は、見事に基準値を割っていた。

普通の人の正常値は3000個/mm2ほど2000個/mm2を割るとコンタクト装用は控えたほうがいいみたいだ。で、1500個/mm2ぐらいになるとコンタクトの装用が禁止され、1000個/mm2を割ると失明の危険性さえ出てくるらしい。

今回注意されたものの、普通に売ってくれたところを見るとまだ3000~2000の間のようだ。

だがもう、今までのように寝るときに装用したり、長時間装用したり、ケチって2週間以上経過しても使用を継続するようなマネは今日から絶対にやめようと思う・・

一番いい予防策は酸素をより多く透過するハードコンタクトに変える方法らしいけど(メガネを使うようにするのが一番かw)、2週間交換タイプのコンタクトレンズを使うときは以下の事に気をつければいいみたいだ。

  • 装用時間は1日最高14時間迄にする
  • 装用中は寝ないこと
  • 必ず2週間で捨てること

家ではなるべくメガネで!

さっさとメガネの度も合わせておこう・・

Comments:0

Comment Form

Home > Diary > コンタクトを使ってる人は気をつけよう

Search
Feeds

Page Top