Home > Links | PC | Server | Software > Windows Live Writer (Beta)の紹介

Windows Live Writer (Beta)の紹介

MovableTypeを導入し、さらにそのエディタにTinyMCEforMTを採用して、投稿時にレイアウトが確認できたり、タグの入力無しにさまざまな機能を使えたりと、投稿しやすい環境が整いはしたが、画像を投稿したりするとき、面倒くさいという人、さらには、ログインすら面倒くさいという人もいるかもしれない。

まあ、そういった怠け者に限ってのことではないが、お勧めしたいソフトがある。

それが、Windows Live Writerである。

名前を見れば分かると思うが、このソフトはMicrosoft社の作ったもので、もちろんフリーソフトだ。

 

特徴

このソフトはWYSIWYG(ブログに表示される状態で記事の編集ができる) のエディタであるが、一番すばらしいのが、自動的にブログのスタイルシートを取得し、あたかも自分のブログを直接編集するかのように編集できることだ。

これがこのブログの編集画面だが、全くそっくりの外見だ。WebPreviewモードもついており、それにすると本当のブログと全く同じ表示になる。

 

まだBeta版であるため、表示が日本語でなかったり、機能が少なかったりするが、編集画面では日本語は問題なく入力できるし、機能がない部分はHTMLを直接編集できるので、そこで補えばよい。

 

対応blog

このソフトは元はWindows Live Blog用の投稿ソフトだが、MovableType APIにも対応しているため、ここのブログでも使用可能だ。

対応しているブログは次の通り

  • Windows Live Spaces
  • Wordpress.com
  • Typepad
  • LiveJournal
  • MovableType
  • WordPress (Custom Instllation)
  • RadioUserland
  • Community server
  • dasBlog
  • Custom (Metaweblog API)
  • Custom (MovableType API)
  • Blogger (Atom)

 

後日、導入方法の記事を書きます。

Comments:0

Comment Form

Home > Links | PC | Server | Software > Windows Live Writer (Beta)の紹介

Search
Feeds

Page Top